2009年3月15日日曜日

roots cafe

オーガニックで、犬もOKで、夜中までやっている。

ぜひ行きたい。

OK Store

リリーカフェに行く途中で、スーパーを発見。知らんかった。。。こんな近くにスーパーがあるなんて。紀ノ国屋での浪費が趣味なので、ほかで食料品買うという発想がなかったが、あまりの安さに驚愕。紀ノ国屋の三分の一以下くらいで何でも買える感じだ。納豆3個パックが50円~80円くらい。お豆腐も40円から100円くらい。いちごが1パック300円~400円くらい。。。あーびっくり。本当にびっくり。安い。みんなこういうところでちゃんと節約してるんだなーといまさら気づく40歳。生活力なし。
ためしに買ってみる。長ネギ、いちご、納豆、豆腐、なめこ= 794円。。。本気か。。。紀ノ国屋じゃいちご1パックも買えない。
その代わりというわけではないのかもしれないが、レジ袋はないので自分でエコバック持って行ってしかも、自分で詰めなくてはいけない。紀ノ国屋でエコバック持って行くと、<ご協力ありがとうございます>ってお辞儀つきでお礼言われるけれど、ここでは当然だ。バッグがないと袋は6円で買わなきゃいけない。
面白いのは、子供連れで買い物している人が多くて、牛乳4本、カレールー5個、とかそのとき安いものをまとめ買いしているひとが多いこと。一人暮らしの1年分だ。。。

人生いろいろ。

リリーカフェ@初台

先月発見したカフェがすっかりお気に入り。ななこつれて週末にまったりするのに抜群。音楽がかかってないのも好み。コーヒー飲んで、雑誌や新聞読んで、まあ家でもできるのだけど、浪費家の証として。

渋谷にて。

先日、B'z の稲葉さんに遭遇(=見かけただけ)。すごい背が高くてすごいかっこいいのかと思っていたけど、普通に背が高くて、普通にかっこよかった。とはいえ、40代も後半になって、あの若々しさはすごい。別に奥さんはうらやましくないけど、あのいでたちで父兄参観に来たり、運動会で一緒に大玉ころがしとかするんだとしたら、子供が相当うらやましい。
いやはや。ラッキーラッキー。

2009年3月1日日曜日

小旅行 with ななこ

念願かなって、ななこと小旅行でリゾナーレ小淵沢へ。出張のときに泊まるW は、それなりにおしゃれでいいホテルなのにDog friendly で連れて行けたらどんなによいかと思うけれど、1-2週間の滞在なのに飛行機に乗せるのもかえってかわいそうで、いつも留守番をさせている。思えばななこも今年9歳で、長時間労働のせいで一緒にいて上げられる時間も短いわけだから、月1回くらいはPCを持たずに、一緒に旅行をしようと思い立つ。今回はその1回目。
国内で犬連れOKの宿は、ラブリーなペンションか、ログハウスがたいていなのだが、イコールほかの犬もたくさんいる、食事は決まったものを食べなきゃいけない、そもそもそのラブリー感が耐えられないなど、犬飼い主ともどもかえってストレスになってしまいそうなのだが、今回は1回目にしてかなり上出来。

まず、小淵沢は近い。新宿からあずさ1本で2時間。そして小淵沢降りてからも近い。おまけにシャトルバスが無料で迎えに来てくれて、犬も気持ちよく乗せてくれる。そして驚いたことに、リードにちゃんとつないでいれば共有スペースでも抱っこしてなくてもよい。ここまでですでに50点だ。部屋は超ゴージャスという感じではないが、シンプルで広い。森林に面したリビングと、キッチン付きのダイニング、シャワーブース、バスルーム、有名建築に面したベッドルーム。テレビはそれぞれリビングとベッドルームに。お湯のわいたポットにホテル内にあるコーヒーショップと紅茶店がそれぞれ提供するコーヒーと紅茶、カップも数種類、バスローブ、さらに、ペットのトイレ処理に必要な一切合財、犬の毛を取るためのコロコロまで完備。お風呂に必要なものもすべて完備。ななこを終日抱っこを想定して、トートバッグひとつで出かけて、いざとなったら全部買おうと思ってたのだけど、そんな必要はまったくないほど必要なものは全部そろっていた。部屋代は29000円と安くはないが、なにかと行き届いていて、無駄なお金を使う必要はまったくなかった。しかも朝食バイキングつきでななこも同席可能。


ななこ朝食中。

ななこ溺愛の一方で独身癖も激しく、夜ご飯は一人で豪華イタリアンを堪能。豪華イタリアンと言っても事前に予約して地元野菜だけで構成した完全ベジタリアンディナー。特注。前菜4品、パスタ、メイン、デザート2種類、ハーブティー、地元産のワインも頼んで9000円。いやいや美味なり。(ほかの方たちは普通に肉や魚も入ったイタリアンです)


前菜


メイン

ハーブティー

あまりに楽しくて写真を撮るのを忘れてしまったが、四六時中、ホテル周辺の森林を長時間散歩。リードなしでななこは野生に戻って爆走。これまた無料バスで連れて行ってくれる近くのスキー場にも連れて行き、ななこと一緒に雪上も滑走。


ホテルの隅でボール投げも堪能。

交通費、ホテル代、併設のエステでマッサージ15000円、ベジタリアンディナー、地元食材の買い込み、一切合財で7万くらいの出費。楽しかった。

浪費万歳。また行こう。


チェンジリング

偶然にも1日は映画の日だそうで、1000円で鑑賞。
いやいやいや、、、すばらしい映画。アンジェリーナ ジョリーのファッションをはじめ、映像は20年代を再現していてとても素敵だ。俳優さんもみんな上手。しかし、実話をもとにしているということを事前に知ってしまって見たせいか、その人間の残酷さがあまりに恐ろしくて、面白いを通り越して暗~い気持ちになってしまった。

007が見たいなりよ。