2011年5月30日月曜日

ななへ

少し前に長門裕之さんっていう俳優さんが亡って、ファンのひとたちは、もう少し長門さんの演技をテレビや映画で見たかったんじゃいか、って思ったんだけど、ゃんの私の思いもちょっと似ています。ちゃんが毎日見せてくれる、笑顔や寝顔や、散歩のときにぷりぷり振るお尻や、門番してくれているときの後ろ姿や、テラスでくつろいでいる姿をもっとずっと見たかったです。それにちゃんはテレビや映画を通してではて、毎日私の目の前にいて、話したり、一緒にご飯食べたり、一緒に遊んだり、一緒に飲みに行ったり、一緒に寝たりできたから、ここにいってしまったことが不思議で、寂しいです。

ちゃんは、私にとってスターでヒーローで目標でした。かわいくて、賢くて、気持ちが優しくて、凛々しくて、たおやかで、美人で、黒目で顔が小さくて美脚でスタイルがよくて、華やかで、そしていつもぜかちょっと面白い。写真に一緒に写るとちゃんだけがフォトジェニックで、一緒に飲みに行くと、ちゃんだけが知らい人にも名前を聞かれてかわいいね、と言われたりして、私は結構まじめに嫉妬していました。生まれ変わったらちゃんにりたいってよく言ってたのは、実はホントです。

ちゃんと一緒に暮らすようにてから、私は本当に楽しくて幸せでした。どことがあっても、家に帰って、ちゃんに派手に迎えられ、一緒に歩いて飲みに行って、一緒に寝れば、毎朝気持ちよく目覚めて、また1日を過ごすことができました。ちゃんと一緒のおかげで、私ひとりだったらお友達にかったかもしれいひとと友達ったり、一人じゃ行かかったところに、行ったりしました。働いた会社のオフィスには全部一緒に行ってくれたし、仕事にも、飲み屋も、ヨガの練習も、どこでも一緒に行ってくれて、ちゃんはずっと待って私の人生をずっと見ていてくれました。よくつきあってくれたね。

私はちゃんの相棒としてどうだったか。散歩もご飯もよく略バージョンだったり、旅行や出張にしょっちゅう行ってしまったり、ずいぶん寂しい思いもさせてしまってごめんね。ただ、私の生が楽しくて幸せだったように、ちゃんも多くの人に出会い、愛され、色んところに行って、色んことを楽しんで、色んのを美味しく食べて、10年を満喫してくれたことを願っています

ちゃんと出会うまで、私はずっと孤独で寂しくて、ゃんと暮らすようにって、ちゃんだけが本当に私を思ってくれているよう気がしていたんだけど、ちゃんが亡くったことで、私自身が多くの友達に愛されて支えられていることを知りました。最後の最後までありがとう。

天国でも元気に遊んでください。美味しいものを食べて、色んところって、楽しんでね。私もちゃんを目指して、楽しく生きていきます。

また遊ぼうね。
2011年5月30日
どいあつこ

柴犬 こ:2000年4月20日生まれ。インターネットの里親サイト経由で、1歳3ヶ月のときに我が家。ボール遊びとお散歩をこく愛し、シャンプーと掃除機が天敵。行きつけの店は、かつてはTarlum 、去年の秋からFire King Cafe 。真っ黒鼻とぎゅっと巻いたしっぽがトレードマーク。新幹線、小田急ロマンスカー、NEX、タクシー、GT-Rを乗りこし、旅に出ること多数。でも地元の東大グラウンド、代々木公園、そしてお家が一番好きだったかも。2011年5月27日(金)、入院先の病院の近所を元気に散歩したあと、眠るように、午前11時15分、他界。28-29日に多くの友人とたくさん花に囲まれて見送られ、30日出棺。現住所:天国。本籍:in my mind.