2013年9月3日火曜日

はなこ9歳にあたり、ちょっと言いたいこと。


少し前ですが、はなこは9歳になりました。なりましたと言ってももらってきたときの状態から推測しているのと、ハナと名付けたので忘れないように8月7日に勝手にしているだけで、テキトーなものです。

目が見えなくなってから数ヶ月が経ちますが、最初の1週間くらいはちょっと落ち込んでいる様子があったものの、生きる力か元々持っていた賢さなのか、日に日に元通りできることが増え、以前よりも賢くかわいく、なぜかとても穏やかになってきています。飼い主も見習いたいと思います。

決まったコースであれば、問題なく、そして楽しそうに歩けます。階段の上り下りもできます。バーカウンターのスツールに1時間以上お座りもできます。ご飯も一粒残らず食べます。

で、突然ですけど、最近、契約書の類のものを読む機会が増えて、日本は「反社会勢力とモノの売り買いをしません」的な商習慣であることを知りました。反社会性力の資金源になったりますます繁栄したりするのがよろしくない、という趣旨だそうです。これはよくないことにつながるモノについては売り買いをしない、という理屈なのだと思います。

反社会的勢力ほど極端な話でなくても、例えば、レストランやバーで、タバコを売るところは減りました。体に悪いとわかっているもの、嫌がる人が多いものはあえて売らない、ということかと思います。地球に悪いとわかっていて、いまさら排気ガスばらまくクルマをわざわざ買う人も減りました。

ペットをペットショップやブリーダーで買うことも、ペットショップやブリーダーのビジネスが繁栄し、彼らが動物を殺処分することにつながっていることも、少なくとも知的な人々の間では認識が広まってもよいのではないかと思います。毎日大量の動物が捨てられ、処分されていることは、いまや子供でも知っています。犬で言うと、成犬になってからなつくのは難しい、とはよく言われますが、それは犬に限ったことでなく、人間同士も大人同士は最初は難しいものです。違う生き物の犬が難しくて当たり前です。

しかし、愛情を持って一緒にいれば、犬は賢いのでわかってくれます。ともすると、人間の大人同士よりわかり合える日が来ます。

飼っていた犬が死んでしまって、前の犬に悪いとか辛いからもう飼わないというのも、ちょっと見方を変えてもらうことができないかと思います。犬を育てた経験やスキルがあるわけで、飼ったことない人よりも、上手く、殺処分されてしまうかもしれない動物を救って幸せにしてあげることができます。私自身、先代ななこで学習したことを、ハナコで活かしています。

ペットの保護施設のサイトをフォローしていると、1日に何匹も保護犬の知らせがアップされていて、痛ましい気持ちになります。保護施設の方々への提案としては、ペットの写真はかわいそうに撮るのではなく、かわいく撮ってアップしてほしいです。ペットを欲しいと思うのは、かわいいから欲しくなるわけで、かわいそうだから欲しくなるのではないからです。

最近、ハナコはますます可愛くなりました。成犬で引き取ったとしても、いいパートナーになれるというよいサンプルだと自負しています。

今後、先進国として、保護施設から引き取って育てることのほうが、イケてる、という社会になることを願っています。

ペットのおうち