2014年12月31日水曜日

まずは見ることから。


昨今なかなか大変な状況にある朝日新聞だが、さまざまな問題があるにせよ、まじめな記者さんはたくさん知っているし、なにが素晴らしいって書評欄はどの新聞よりも素晴らしいと思う。毎週日曜日は朝日新聞の書評見て、駅前の本屋に行くのはわりとお決まりの過ごし方だ。

年末の総評ということで、先日の日曜日は全書評委員20人が今年の3冊をあげていた。大好きな横尾忠則さんがこれまた素晴らしいことを書いてくださっており、忘れないようにメモしたい。

横尾さんは僕はウオーホル僕はダリ僕はポロックという3人の画家に関する本で、アマゾンによると"芸術家達の作品とその人生を、ユニークなイラストと読みやすい文章で紹介するシリーズ" だそうだ。本の紹介の序文を著作権ムシしてコピペ。すみません。

職業柄、活字本より画集を眺める時間が圧倒的に多い。見ない日はない。絵を見ることは描くことの一部である。眺める対象を頭の中でなぞる。そんな行為がすでに創造である。同時にぼくは頭の中から思考を排除していることに気づく。つまり言葉から解放された状態である。この時間こそ至福といえよう。絵を描く時と同一の体験だ。


ぼんやり前からそう思ってたんだけど、昔の人のいうところの手取り足取り教えなくても仕事は見て盗めという職人さんの師弟関係みたいなこと勘弁してくれよ、と思いがちなんだけど、そういう苦労人的捉え方でなく、横尾さんのいうところの言葉から解放されたり思考を排除するその時間が至福、というアーティスト的な捉え方で、普通に働いているひとも、人の仕事を見るってことは楽しんだ、それを頭のなかでなぞることが肝心で、それも仕事の一部なんだと思うとよいのだ。


働き方ノウハウ本を読んだり(読まないけど)、働き方講演に行かなくても(行かないけど)、人の仕事を見る、人の話を聞く。基本といえば基本だ。

来年もよく働こう。

0 件のコメント:

コメントを投稿